【恐怖の育毛剤の副作用】イクオスは大丈夫?

【恐怖の育毛剤の副作用】イクオスは大丈夫?

イクオス,副作用

 

「育毛剤って副作用とかありそうで怖いな・・・」

 

 

不安をあおるわけではないですが、実は育毛剤によっては副作用が出る可能性があるんです・・・。

 

まずはどのような成分がどんな副作用を引き起こすのか、一緒に見ていきましょう!

 

  副作用 発症率
フィナステリド

精液の量の減少
勃起障害
乳房が膨張(女性化)

デュタステリド

精液の量の減少
勃起障害
乳房が膨張(女性化)

ミノキシジル

多毛症
低血圧
肌トラブル
性欲減退


イクオスに、これらの副作用の出る恐い成分が含まれているのか気になったので、調べてみました。

 

イクオスは副作用の出る成分は使っていない

フィナステリド・デュタステリド不使用

男性型脱毛症(AGA)の原因のひとつがジヒドロテストステロン(DHT)という男性ホルモンです。

 

ジヒドロテストステロンは男性ホルモンのテストステロンが変換されてできるホルモンです。

 

脱毛を抑制するには、テストステロンがジヒドロテストステロンに変換されるのを防ぐのがポイントになってきます。

 

テストステロンがジヒドロテストステロンに変換される時に必要になるのが、5α-リダクターゼという酵素になります。

 

簡単に言うとフィナステリドやデュタステリドは、5α-リダクターゼの働きを抑制します。

 

ただし良い事ばかりではありません。

 

上記の表で書いたように副作用が起きるリスクがあります。

 

副作用のリスクは育毛剤を使用するうえで注意が必要です。

 

イクオスには副作用の出る危険性がある、フィナステリド・デュタステリド共に含まれていないので安全です。

 

またフィナステリド・デュタステリドの代わりに、

  • オウゴンエキス
  • ダイズエキス
  • ビワ葉エキス
  • クララエキス
  • ヒオウギ抽出液

を配合しています。

 

これらは5αリダクターゼの働きを抑制する働きがある上に、副作用の心配がない成分となっています。

 

ミノキシジル不使用

ミノキシジルは発毛効果が国に承認されている成分です。

 

元々は高血圧に対する降圧薬として使用されていましたが、副作用として全身から毛が生えてくる多毛症がみられるようになりました。

 

その副作用を髪に応用させたのが、大正製薬の「リアップ」などの育毛剤です。

 

ミノキシジルは発毛効果は高いのですが、その分副作用のリスクもやや高いのが難点です。

 

イクオスには副作用の出る危険性があるミノキシジルも含まれていません。

 

イクオスはミノキシジルの代わりにM-034という天然の成分を配合しています。

 

イクオスは副作用の心配のない育毛剤

イクオスは副作用の危険性がある成分を使っていないので、副作用の心配のない育毛剤です。

 

先程も書きましたが、イクオスの有効成分は天然由来の成分M-034です。

 

このM-034はミノキシジルと遜色ない発毛効果が認められている成分です。

 

 

イクオス,副作用

 

発毛効果が高い育毛剤には上記で説明した、副作用が出る成分が含まれている場合もあります。

 

私は健康を害してまで髪を生やすのは嫌だったので副作用のない育毛剤を探しました。

 

調べた結果、イクオスは副作用の心配をせずに発毛効果の高い育毛剤だということがわかりました。

 

ですので私は定期コースでイクオスを購入して、現在も使い続けています。

 

イクオス,副作用

イクオス,副作用